優先的に入園したいのなら働き方にも注意

当サイトをご利用になる前に

看護師だからといって優先されるわけではない?!

看護師だからといって優先されるわけではない?!

医療従事者は多くの自治体で保育園の入園を優先されますが、全ての看護師が当てはまるかと言えばそうではありません。働き方によって優先されるものとそうでないものがありますので、確認した上で最適な職場探しをしましょう。

非常勤の働き方は優先順位が低い

看護師は全員が優先的に保育園へ子供を預けられると思っている方も多いと思いますが、実はそうではないのです。保育園への受け入れが優遇されているのは、常勤で働いている医療従事者です。つまり、看護師だからといっても、パートなどの非常勤で働いている場合には優先の対象とはならず、希望する保育園の抽選に漏れてしまうことは珍しいことではないのです。

優遇される仕事を探そう

先述の通り常勤であることが保活を有利に運ぶための条件と言えますので、常勤で働ける職場を探すことが保活を成功させるために大切です。育児と両立して働ける職場であるなど、保活以外にも仕事探しは様々な条件もあるはずです。
そのため仕事を探す方法にはしっかりとこだわって、自分の求める条件とマッチする求人を見つけましょう。当サイトがおすすめしている仕事探しの方法は転職エージェントの利用です。転職エージェントは看護師の転職について豊富なノウハウを持っているため、保活についても考慮しながら仕事探しを手伝ってくれます。

転職活動の強力なサポーター

転職エージェントを利用するメリットの1つには、転職活動を様々な面でサポートしてくれることがあります。子供がいる状態での転職活動はとにかく時間に追われることもあり、履歴書を書くことや面接日程の調整などは想像よりも大変です。
転職エージェントは時間がない育児をしながらの転職活動をサポートしてくれるため、育児中でも保活を考えた仕事探しをすることができます。スマートフォンからでも求人を探すことができますし、候補がいくつもあるという状態であれば転職エージェントがより条件に合うものを絞り込んでくれます。

育児や保活しながらの転職ノウハウ

育児と両立した働き方ができる求人は探してみると多く見つかりますが、実際に育児をしやすい環境であるのかどうかは本当のところわかりません。病院がそのように配慮してくれていたとしても、働いている世代が若い人たちばかりでは育児に対する理解を得ることが難しかったりします。転職エージェントはこのような職場の内部情報を理解しているため、育児や保活をしながらの転職について根拠を持って紹介してくれます。

看護師の保活について

看護師の保活の行い方や、保活が終わった後の働き方などについて紹介しています。ご質問なども受け付けていますので、疑問に思うことやご相談があればご連絡ください。hocatsu_nurse1988@yahoo.co.jp